巨峰 軽くしたもの.JPG



栄養週期理論と巨峰栽培の苦難の歴史


★異端の栄養週期理論
栄養週期理論では、作物の発育に応じて栄養素の与え方を変えていきます。この視点は、当たり前のことのようですが、現実にはこのような視点に基づく栽培は、農業界の主流では行われてきませんでしたし、今も行われていません。個人的にそのような視点から農業に取り組んでいる方もおられるかと思いますが、主流はそうではなさそうです。
それは、国や県の農業栽培指針や基準を見るとよくわかります。インターネットで作物栽培指針とか作物栽培基準とか入力すれば、国や県の作物栽培の指針や基準が出てきますので、すぐに見ることができます。ほとんどが、元肥(作物を植える前や生長を開始する前に土に与える肥料)を中心に肥料を与えます。元肥以外に行う肥料は追肥とか補肥と言います。栄養週期では作物の発育の時期に応じて必要な栄養素は異なると考えていますので、はじめに与えて足りなくなった分を補ったり、追加するものではなく、発育の段階に応じて必要となる肥料を与えると考えます。
このように、栄養週期理論は、これまでの栽培技術と見方が異なるために、農林省、試験場、大学などの主流の研究機関からは異端視され無視されてきた経緯があります。
巨峰ブドウを作出した大井上康氏は、この栄養週期理論の提唱者です。そのためか、巨峰もまた、当初は苦難の道を歩むことになります。

★巨峰栽培における栄養週期栽培の実践
大井上康氏は1942年にブドウ巨峰を作出しましたが、戦況が厳しさを増し、氏の生前は巨峰の栽培技術の確立、普及は十分に行うことができませんでした。巨峰については、大井上康氏が亡くなった後に、その後継者たちが巨峰の栽培方法を研究し、普及活動を行ってきました。
大井上康氏が他界したのち、恒屋棟介氏が中心となって理農技術協会、日本理農協会(共に日本巨峰会の前身)を継承しました。また、恒屋棟介氏は自ら「日本ブドウ研究所」を設立、主宰し、研究活動を続け、栄養週期理論に基づく巨峰栽培技術の確立に尽力しました。恒屋棟介氏は数多くの著作を残していますが、その中で、ブドウに関する以下の著作を著わし、栄養週期理論に基づくブドウと巨峰の栽培に係る研究と実践の成果をまとめています。

  • 恒屋棟介.1971. 「 巨峰ブドウ栽培の新技術」. 博友社
  • 恒屋棟介.1977. 「ブドウ・巨峰の発育診断」. 博友社
  • 恒屋棟介.1985. 「ブドウ・巨峰事典」. 博友社

また、大井上康氏の後継者の一人、越智通重氏は、福岡県田主丸において、九州理農研究所を主宰し、栄養週期理論に基づく巨峰栽培技術を研究しました。ここでは、先駆的な巨峰の自園売りブドウ園の確立に貢献しています。田主丸における巨峰生産については、以下の書籍に詳しく書かれています。

  • 巨峰開植50周年記念実行委員会.2009. 「巨峰物語」. 花書院

恒屋棟介氏と越智通重氏は共同で、大井上康氏が栄養週期理論について書いた「新栽培技術の理論体系」の改訳、補筆版を出版しています。

★巨峰の種苗名称登録申請の拒絶と商標登録
日本巨峰会の前身である日本理農協会は、農林省(当時)に巨峰の種苗名称登録(品種登録)の出願を行いましたが、登録が認可されることはありませんでした。この点について、農水省OBの西尾敏彦氏は自書の中で次のように述懐しています(西尾 2010)。

「巨峰」はいわば気むずかし屋の天才児のような扱いにくい品種である。倍数体品種の宿命で環境変化に弱く、着花稔実が不安定で、栽培がむずかしい。とくに生理的落果(花ぶるい)を生じやすいのが、最大の欠点とされた。有名な話だが、昭和28年(1953)に農林省に種苗登録の申請をしたが、この花ぶるいが問題になり、「農家が栽培するには、技術対策が不十分」とクレームがつき、却下されたという。わたしも農水省のOBだが、当時の国の方針は少しでも農家が失敗しそうな技術の普及を極力敬遠したものである。(先を見る目がなかった)といわれれば、返す言葉もない。

  • 《参考文献》 西尾敏彦. 2010. 「農の技術を拓く」. 創森社

出願当時、農林省の意向で、品種登録ができそうにないことがすでに予想されたことから、日本理農協会では、特許庁へ巨峰の果実と苗の商標登録申請を行っていました。そして、果実は認められました。ただし、苗については認められませんでした。

★日本巨峰会と巨峰生産
果実の商標が登録されたこともあり、会社の設立が検討され、当社(現:株式会社日本巨峰会)が設立されました。なお、現在、日本理農協会は日本巨峰会に統合されています。
日本理農協会及び日本巨峰会には、数多くの農業生産者が会員として登録し、栄養週期理論に基づく巨峰栽培を行ってきました。しかし、巨峰の市場価値が高くなり、会に登録しないで生産するものも多くなりました。いつのまにか日本で最も生産されるブドウになりました。最近は、巨峰以外のブドウも多くなり、巨峰の相対的な生産量は減ってきていますが、それでもまだ多い状況です。また、多くの品種が巨峰と交配して生み出されている現状を見ても、巨峰の存在の大きさが良くわかります。

★栄養週期栽培への無理解と先駆的巨峰生産者の苦難
先ほども述べましたが、栄養週期理論に基づく栽培やその提唱者は、戦後の農林省の農業指導、栽培基準と異なる方法であったことから、農業界の主流からは受け入れられませんでした。
世の中には、多くの農業に関する専門書がありますが、栄養週期理論を取り上げている本はほとんどありません。ブドウの専門書も同様で、大井上康氏の大著「葡萄の研究」や、恒屋棟介氏の「 巨峰ブドウ栽培の新技術」「ブドウ・巨峰の発育診断」「ブドウ・巨峰事典」などは一般の出版社から販売されている本ですが、それらが参考文献や引用文献として掲載されることはほとんどありません。「巨峰ブドウ栽培の新技術」は、発行時、巨峰ブドウへの注目も手伝い、台湾では海賊版がでるほどであり、国内においても技術専門書としては異例の発行部数を記録しました。ですから、それなりに出回っている本です。引用回数が少ないというのは、通常科学技術文献としては学術的価値が低いとされるのですが、あまりにも引用されていないのを見ると、どうもそういう要因とは別の力も働いているように思えます。
その理由はなぜか、少し考えてみます。
まず、大井上康氏を中心としたグループが農林省(当時)、試験場、大学などが指導する栽培技術と異なる方法を主張してきたということにあります。そして、時に厳しく慣行的な農法を批判してきました。しかも、大井上康氏が主催した「大井上理農学研究所」も恒屋棟介氏が主催した「日本ブドウ研究所」も、自費で運営した全くの民間の研究所です。かつては今以上に官尊民卑の傾向が強かったと思われますので、そのことも関係しているように思います
また、理論のヒントとして自然弁証法的な見方をしていることも関係しているかもしれません。大井上康氏が理論を形成したころは、弁証法といえば、マルクス・エンゲルス、社会主義思想というイメージにつながることが多かったと考えられます。大井上康氏とその仲間の活動は栽培技術の研究・開発と普及活動を中心としたものでした。政治団体ではありません。しかし、排除すべき思想として位置付けられた可能性はありそうです。
上記の西尾氏の本は、元農林省にいた方でありながら栄養週期理論や巨峰を冷静に紹介している珍しい本です。時代は少しずつ変わっていっているのかもしれません。
巨峰が、品種登録を拒絶されたとき、当時の農林省は花振いなどの欠点を指摘していますが、結果的にはその時点で農林省は巨峰の栽培価値がないと判断したことになってしまいました。当時、先駆的に巨峰栽培に取り組んでいた人たちによると、巨峰に対しては営農資金の貸付が拒否されたといいます。
しかし、その後、大井上康氏の後継者による栽培技術の確立、先駆的な生産者たちの実践により、巨峰が広まっていきます。そして、巨峰の市場価値が高いということが明白になっていきました。
それまで、巨峰栽培の研究、栽培などに否定的であった機関や団体の人たちが一気に巨峰栽培に参入してきました。この状況について、巨峰の栽培方法を研究し、広めることに努力してきた恒屋棟介氏は、1980年代に以下のように記しています。

巨峰の発育生理学的研究をいかなる機関も団体も、それを批難することはあっても、経済的にも精神的にも援助しようとする動きすらなかったことは、今日彼らのとっている巨峰ブドウ導入の“すさまじさ”と対比して、不可解でなりません。はじめは営農資金の貸しつけを巨峰ブドウであるか故に拒否し、次に市場値が高いことが分ると圧倒的導入、そしてその地域の開発的先駆者に重圧を加え、傘下だけの量産体制を急ぎ、市場の独占さえもはかるという行動、これが今日栄養価、品質の低下さらに農薬公害、商品の混乱さえ生みだしている1つの原因と考えます。
(「巨峰ブドウの開発、研究の歴史的事実」より抜粋)

★変化のきざし?
上記のとおり、かつて、栄養週期栽培や巨峰の開発者たちは主流の方々から煙たがられていました。しかし、最近では、上記の西尾敏彦氏の本、NHKの番組(注1)、朝日新聞の記事(注2)などのように、大井上康氏や巨峰を紹介する記事や番組で、栄養週期理論のことが普通に紹介されるようになっています。朝日新聞の記事に、西尾敏彦氏がコメントを寄せていましたが、その中で、『大井上さんの栄養週期理論も異端視されました。いま思えば合理的、ごく当たり前の考え方でしたが、当時の主流は「どこでもだれでもできる技術が一番」でした。』という趣旨のことを書いておられます。
現在の農水省や県の栽培基準や指針を見ると、現在もあまり変わっていないようですが、「ごく当たり前の考え方」という表現からみても、栄養週期理論が怪しいものではないということは、理解されやすい状況になってきているといえるかもしれません。

  • 注1:NHK BS2 「いのちドラマチック ブドウ‐豊満な果実に魅せられて‐」 2010.10.6
  • 注2:朝日新聞 夕刊 「昭和史再訪 大粒の夢追った在野の学者」 2010.9.18